雨ときどき晴れ

最近はC#やASP.NET MVCやってます。NetduinoやCerbuinoも活用できるようになりました。

C#のChartを使って積み上げ縦棒グラフを表示してみる。

C#のChartを使って積み上げ縦棒グラフを表示する方法をメモ。

フォームの構成

フォームに配置するコントロール
  • コモンコントロール:Buttom → button1
  • データ:Chart → chart1

コード

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    string[] legends = new string[] { "グラフ1", "グラフ2" }; //凡例

    chart1.Series.Clear();  //グラフ初期化

    foreach (var item in legends)
    {
        chart1.Series.Add(item);    //グラフ追加
        //グラフの種類を指定(Columnは積み上げ縦棒グラフ)
        chart1.Series[item].ChartType = System.Windows.Forms.DataVisualization.Charting.SeriesChartType.StackedColumn;
        chart1.Series[item].LegendText = item;  //凡例に表示するテキストを指定
    }  

    string[] xValues = new string[] { "A", "B", "C", "D", "E" };    //X軸のデータ
    int[,] yValues = new int[,] {{ 10, 20, 30, 40, 50 }, {20, 40, 60, 80, 100}};    //Y軸のデータ

    for (int i = 0; i < xValues.Length; i++)
    {
        for (int j = 0; j < yValues.GetLength(0); j++)
        {
            //グラフに追加するデータクラスを生成
            System.Windows.Forms.DataVisualization.Charting.DataPoint dp = new System.Windows.Forms.DataVisualization.Charting.DataPoint();
            dp.SetValueXY(xValues[i], yValues[j,i]);  //XとYの値を設定
            dp.IsValueShownAsLabel = true;  //グラフに値を表示するように指定
            chart1.Series[legends[j]].Points.Add(dp);   //グラフにデータ追加
        }
    }
}

実行結果