雨ときどき晴れ

最近はC#やASP.NET MVCやってます。NetduinoやCerbuinoも活用できるようになりました。

HP ProLiant ML110 G5 をいじるために必要な工具。

HP ProLiant ML110 G5に使われているネジは、
ほとんどが星形の穴になっているタイプです。

普通のプラスドライバーが使えるのは、ケースファンのファンガードくらいかも。


ということで星形のネジ用の「トルクスドライバー」が必要になってきます。

今回は、近くのコーナンで購入しました。
トルクスドライバーのサイズは「T-15」です。
価格は、500円くらい。

ちなみにamazonでも売ってるよ -> Amazon.co.jp: トルクスドライバー B-5400TX-T15H: パソコン・周辺機器


コーナンの売り場には、ドライバータイプ以外に何本かセットになったレンチタイプのものも
ありましたが、ボク的にはドライバータイプがおすすめです。


レンチセットは複数のサイズが揃っていて便利ですが、
HP ML110のパソコンだけに限定した場合は、T-15のサイズだけで大丈夫です。
ドライバータイプは持ち手があるため握りやすいし、レンチに比べると長時間作業するときに楽だと思います。


ここで一応ドライバーの大切さを書いてみたのですが、ボクも最初は持ってませんでした。
そのため、HDDを増設するときにマイナスドライバーを使って、
ケース前面にあるネジを取り外そうと試みたのですが、ねじ山を潰しそうになり、かなり苦戦しました。
そのときのことを考えると、専用のドライバー買っておけば、と少し悲しくなります。

まあ、これからは大丈夫ということで、いい勉強になったなぁ、と思っておこう。