雨ときどき晴れ

最近はC#やASP.NET MVCやってます。NetduinoやCerbuinoも活用できるようになりました。

Operaのリダイレクトのたびに表示されるページがウザイです。

最近、Operaを10.60にアップデートしました。


そうすると、リダイレクトのたびに通知をするようになりました。
これ、とても面倒です。
だって、Operaに付属している検索ボックスから検索したときも出てくるし。


例えば、

  1. 検索ボックスに「ほげほげ」と入力して、Enterを押す。
  2. タイトル「302 Moved」内容「The document has moved here」のページが表示される。
  3. 「here」の部分のリンクをクリック。
  4. Googleの検索結果のページが表示される。

上記のように手間が前までの2倍くらいになってしまいました。


ということで、これを止める設定を書いときます。

  1. 右上の「メニュー」→「設定」→「設定」で設定ダイアログを開く。
  2. 「詳細設定」タブを選択後、「ネットワーク」を選択する。
  3. 「オートリダイレクトを有効にする」のチェックをONにする。
  4. 「OK」をクリックして、ダイアログを閉じる。


うーん、この設定項目は新しくできたものなのかなぁ。
セキュリティ対策がきびしくなった感じですね。
でも、初めてOperaを使ってこの状態だったら使うのやめるよねぇ、きっと。